Home » 特許取得のバーデンスシリーズ » バーデンスのトリートメント★

バーデンスのトリートメント★徳島市の美容室 hair room union 

2019年04月07日 category : 特許取得のバーデンスシリーズ 

徳島市万代町にある美容室 hair room unionの乾です。

 

低刺激成分で特許のあるバーデンススキャルプトリートメント

お話です。

 

そもそもトリートメントとは、髪に艶や潤いを与え、髪の毛を

しなやかに、くし通りの良い状態に整えてくれるもです。

 

そんな効果からも、マイルドな印象が強い毛髪保護製品ですが

実はこれにもシャンプーに負けない肌や頭皮の刺激になる成分が

配合されています。

 

トリートメントの界面活性剤は(詳しくはバーデンスの界面活性剤

カチオン界面活性剤(プラスイオン系)です。塗れた髪、頭皮は

マイナスイオンに帯電している状態なので、トリートメントの+イオンと

髪、頭皮の-イオンがくっ付いてにしっとり感やサラサラ感の風合いを出す

仕組みなわけです。

 

「しっとりサラサラなんてイイじゃないか

 

そうですイイですよね~。だけど、問題なのはこのカチオン界面活性剤、

殺菌力が強く、殺菌消毒剤として使用されるものなんです。

シャンプーに含まれるアニオン界面活性剤よりも殺菌効果が強いんです。

昔から、「リンスやトリートメントは髪の根元や肌には付けないように」

と言われていたのはこのためなんですね。

 

頭皮に付けたつもりはなくても、流す時についてしまう。

結局頭皮や、首筋、背中が荒れてしまいかゆみや肌荒れの原因となるのです。

 

バーデンスはその問題をすでに解決済み

 

滑な質感を出すカチオン界面活性剤に、普通は分離するため混ぜることは

出来ないとされている両性界面活性剤(+と-イオンを持つ)を独自の

技術でミックス。他社には絶対まね出来ないから特許申請もしないそう。

 

すっごい自信だ~(*´▽`*)

 

とにかくこの処方で作った安心のトリートメントですから、逆に

頭皮から付けるのが正解なんですよ!ビックリですよね~

 

頭皮から髪、そして全身に使える「皮膚刺激2.5」という「安全品」

であることが実証されているトリートメント。

それがバーデンススキャルプトリートメントなんです。

 

そんなパーフェクトなトリートメントはどんな特徴があるのかと

言いますと・・・。

 

大きく二つの優れたポリマーが主役です。

 

 

一つ目はセラミドポリマー

 

セラミドって言葉、みなさん一度は耳にされた方も多いと思います。

だけど、バーデンスのセラミドはポリマー型。単体ではありません。

複合体なんです!大きなネットワークになります。

それが髪のダメージホールに浸透して髪にハリコシが生まれます。

キューティクルも整って、ツヤツヤな髪に。

 

そしてフィルムのようなセラミドネットワークがお肌のバリアー機能を

向上させます。肌荒れを起こしている場合は保湿ができるので

是非頭皮からしっかりと付けて頂きたいです。

 

 

img_badens_sect07_03

 

 

もうひとつはレシチンポリマ

 

レシチンとは、これもお馴染みヒアルロン酸の2倍の保湿効果を持った

新型機能保湿成分です。

髪内部には潤いを保つ効果があり、キューティクルには膜を張る感じで

リフトアップを防ぎます。

 

そんなバーデンストリートメントの使用方法はちょっと独特

 

シャンプー後、トリートメントを頭皮にしっかり付けてマッサージ

放置タイムが長いほど髪は柔らかくなり、良い風合いになります。

洗い流しは、頭皮と髪に軽くトリートメントが残る程度に。

 

流し過ぎはもったいないですよ~(*´▽`*)

 

525329495

 

バーデンススキャルプシャンプー 250ml 2000円

                500ml 3500円

スキャルプトリートメント    180g  1800円

                500g  4000円(税抜き)

 

この高機能なセラミドポリマーとレシチンポリマーはバーデンスのスキンケア

シリーズにも使われています。そのお話はまた後日にしたいと思います。

営業日

営業時間

facebook page

最近のコメント

アーカイブ

New title

Copyright(c) 2019 徳島市の美容室 hair room union  All Rights Reserved.