Home » 特許取得のバーデンスシリーズ » お肌に大事なお話①

お肌に大事なお話①徳島市の美容室 hair room union 

2019年05月17日 category : 特許取得のバーデンスシリーズ 

徳島市万代町にある美容室 hair room unionの乾です。

 

今日はお肌のお話です

 

我々人間の内臓を守ってくれている大事な「皮膚」

皮膚の役割や構造やをきちんと知れば、本当に必要な

お手入れとは何かがわかってきますよ~

 

普段気にも留めないけど、体を守ってくれている「皮膚」

役割は実は4つあるんです!

 

その 下界からの刺激を防ぐ働き

皮膚は内臓を守るために、外からの水、微生物、化学物質

などの刺激や細菌の侵入を防ぎ、また紫外線からも守る

役割を果たしています。

 

その 体温を一定に保つ働き

もともと皮膚は熱を通しにくい性質があり、暑さ寒さから

身を守る働きをしています。暑くて体温が上昇した時には

を出したり、毛細血管を開いて熱を放出して体温を下げ

体を正常な状態に保つ役割を果たしています。

 

その 感覚作用としての働き

皮膚には、いろいろな神経の端末分布しています。

硬いものや柔らかいもの、尖ったもの、熱いもの、冷たいもの。

身体に影響や危険を及ぼすものの感覚器としての役割

果たしています。

 

その 分泌作用としての働き

皮膚から分泌されるのは、皮脂です。汗の役割

体温調整がほとんど。肌が乾燥した時に水分が蒸発しないよう

皮膚は皮脂を出す役割を果たしています。分泌された皮脂は

皮膚表面で皮脂幕となり、皮膚の潤いと滑らかさを保つ

働きをしています。

 

 

どうですか~?肌って当たり前に在るものだから、

美白~とか弾力~とか、そんな綺麗になることくらいしか

考えたことなかったけど、本当の役割は私たち人間の体を

常に安定した状態に保つための防御機能を果たしてくれている

ですよ~。私のお肌よ、いつも守ってくれてありがとう!!

 

そして実際皮膚はにはどんな構造をしているのでしょう。

みなさんも一度は聞いたことがある

「表皮」 「真皮」 「皮下組織」

という3層からできています。

 

 

この「表皮」外的な刺激から体を守る役割を果たしています。

 

この表皮をさらに細かく見ると

「角質層」 「顆粒層」 「有棘層」 「基底層」

の4層に分かれています。

 

 

表皮の下は「真皮」

血管、リンパ管、神経、皮脂腺、汗腺などがあり

汗や皮脂の分泌、栄養補給を行っています。

また、繊維状のコラーゲンとエラスチンからなっており

お肌の「ハリ」「弾力」は真皮によってもたらされています。

 

真皮の下は「皮下組織」

主に脂肪でできており、外部の温度調整や衝撃から体を

守っています。

 

そして肌の潤いやキメを左右しているのが「表皮」です。

誰しも肌を美しくしたいと考えますが、「表皮」の状態が

一番大切なわけですね。

 

そんな表皮のお話は次回お話しますね~\(^o^)/

 

 

お楽しみに~

営業日

営業時間

facebook page

最近のコメント

アーカイブ

New title

Copyright(c) 2019 徳島市の美容室 hair room union  All Rights Reserved.